まいど、いまにしです。

9月30日、投開票の沖縄県知事選挙。自民党、公明党に日本維新の会が推す、佐喜真淳氏と
国政では野党の「オール沖縄」が、
翁長前知事の後継として支援する、
玉城デニー氏の事実上、一騎打ち。
世論調査、期日前出口調査の数字が
出揃ってきた。
自民党電話世論調査では、
当初、玉城氏が10ポイント
以上リードしていた。
だか、先週末の調査では、5ポイント差まで迫られている。

一方、期日前出口調査では、自民党
と公明党の組織票で優位な佐喜真氏
が、数ポイント勝っている。
だが、組織選挙の佐喜真氏陣営。
「期日前出口では、20ポイント
以上離したい。玉城氏はDJで
知名度の高い候補。当日、投票率が
アップすると、危ない。総裁選挙も終わり、国会議員も沖縄入り
するので、攻勢をかけたい」と話す。

翁長前知事の後継、玉城氏陣営は
翁長氏で選挙と思っていたところに突然の死。これまで、翁長前知事夫人が表に出てこなかった。だが49日法要も終わり、そろそろ応援に入る予定だ。当初、陣営もいろいろあったが、これでまとまってくるはずだ」

政局へも、大きな影響を与えると見られる沖縄県知事選挙。
その行方は?