中国は今日、建国70周年の国慶節を迎える。
イギリスから、中国に返還された香港では
「国難の日」とされている。
逃亡犯条例をきっかけに連日、中国や香港政府に反発する市民の集会、デモが開かれ
もう100日以上が経過している。

FullSizeRender



国慶節を2日後に控えた、9月29日日曜日、香港の繁華街、銅鑼湾。
午後から市民が集会を呼びかけた。
予定の時間より2時間以上も前から周囲は香港警察が警戒
にあたる。
ライフル銃や盾を手にものものしい態勢。
集会がはじまると、市民は
「光復香港 時代革命」
と大きなコールが響き渡る。

IMG_7256


集会の参加者は次第に増え、路上に人があふれる。バス、トラムは身動きが
とれない。さらに、市民の声が大きくなると、警察隊は大きな旗を掲げて程なく、
ライフル銃を数発、発射。

FullSizeRender


催涙弾だ。

白い煙が繁華街を覆い、市民は一斉
に逃げ惑う。
催涙弾の威力はすさまじい。
ゴーグル、ガスマスクをしていたが、
涙が止まらない。市民の救護隊が目を洗浄してくれた。ありがたい。



だが、逃げる途中、市民、警察とぶつかったことで、メガネの一部が欠けてしまった。

5BC1EC49-1829-470A-B5E1-3A28B9E18561


その後、デモ隊はさらに膨れ上がり、大通りを占拠。

62846CDA-B5A5-4695-8B32-00B94210DA73


警察隊とにらみ合う、デモ隊は、ゴミ箱などでバリケードを作り、前進を図る。
そこに、2方向から警察隊が催涙弾を容赦なく発射する。

まさに市街戦だ。

もう、ここはイギリスの植民地、返還後は一国二制度で
自由と経済で反映してきた、香港とは思えない。警察隊の発砲がやむと
デモ隊の若い男性が私に
「これで撃ってきた」
と警察隊が発射した薬きょうのようなものを手渡してくれた。
4A3AA415-0388-42BE-A7CF-7D5CB85E8653



詳しい人に聞くと、催涙弾ではなく、ゴム弾だといい
「当たる場所が側頭部とか、人間の弱い、鍛えられないところだと
大けがするでしょう。また、中国は今、低周波銃というものを香港の警察隊に使わせているとの情報がある。低周波の電磁波を浴びせるもので、みかけはマシンガンに似ている。強力な電磁波を受けると、頭痛など健康被害をもたらすもので批判も多い」

夜になっても、散発的に警察隊とデモ隊の激突が続く。
バリケードに火をつけて燃やすデモ隊
消防車が放水し、消火するが
あたりは焦げた匂いが充満。
 

B17568F8-BD6C-4EAB-A6FA-899FB1CA84B5

だが、火炎瓶くらいしか反撃の手がない、デモ
隊や市民。
催涙弾、放水など警察隊の力は圧倒的だ。だが
力に任せてデモ隊の後方にいた老人、若者を押
さえつけて身柄拘束するなどあまり過剰だ。
9月29日の衝突では、150人以上が逮捕されたという。身元を特定された市民、30人以上が捜索を受けたとも
香港では報じられている。


それでも市民はあきらめない。

デモ隊には、若い人が目立った。
雨傘を手にしてデモ隊の最前列に身を構えて
いたカップルもいた。
参加していた市民に聞くと
「香港は中国に返還されても自由が認められていたはず。
それが、中国の一つになり、中国の思う自由でしかない。
もとの香港に戻すために、戦っている。罪に問われても、正義は我々だ」
と話す。だが、暴動罪で逮捕されると懲役10
年だが、それでもいとわないという。 
意気込みは、すさまじい。


一方、警察隊のひとりはこう話す。
「デモ、集会は呼びかけた場所以外でもあり、対応がなかなか十分できない。
なんでもかんでも、催涙弾などなんでも強引にともいかない」
と困惑の表情。
現地では、警察隊の過剰な暴行で死者が出たとか、レイプされたのでは
との報道もあった。

それゆえか、警察ではないグループがデモ隊を襲っているのが香港の、メディアで伝えられている。
いろいろ聞くと、いわゆる「その筋」のグループだという。
香港の人口は800万人を切る程度。
「その筋」の人は数年前の報道を
見ると、15万人はいるという。
「どこからかの指示か言えないが、仲間がお揃いのシャツを着て
デモ隊を襲ったりしたことは何度かある。けど、デモ隊の力は強くて
成功することは少なく、こちらが返り討ちにあい、ケガしてえらいことだ。それに、デモ隊がここまで増えると、すぐ近くにデモに参加している
人がいて、無茶なことはできないよ」
と「その筋」人はいい、降参だという。
繁華街の地下道には、中国、習近平主席の
顔を道一面にはり、それを市民が踏みつけ
抗議の意をあらわす。
対立は根深い。
IMG_7597



今日、10月1日は朝から市民の抗議活動がはじまっている。
混迷はまだまだ続くのか?