日本ボクシング連盟の「告発状」問題。全国のボクシング連盟関係者、333人が
山根明会長の「独裁」体制にNOを突き付けた。
一方、山根会長はテレビに生出演して、猛反撃。
8月3日の日本テレビの生出演では、
暴力団元組長に脅されたので、立ち上がった」
と最後に実名で言い残し、視聴者を驚かせた。

FullSizeRender

そこで、名前が出されたのは、山口組直参組長だった、森田組の森田昌夫元組長だ。
森田元組長は、3代目山口組、田岡組長時代に本部長を務め「知恵袋」と呼ばれた
小田秀組の小田秀臣組長と兄弟分だといい、4代目、竹中組長時代に直参に昇格した。
伝説の「山口組時報」(現在の山口組新報の前身)の制作を小田組長ともに、手掛けた。
直参昇格後、長く慶弔委員を務めたという。2007年、引退した。
「山根は若い時分から知っとるよ。あれは、ワシの弟分や。組を結成してからは
森田組の組員、ヤクザ舎弟や。10年くらいは組事務所に出入りしとったな」
と森田元組長は、話す。

FullSizeRender

山根会長は、ボクシング連盟の役員になってからも、森田元組長のもとに
足を運んでいたという。
「ボクシングやプロレスの興行をワシがやっていた。アマチュアボクシングというのは
なかなかスポンサーがつかん。そこで、広告とかで知り合いのカタギさんを紹介して、
山根を支えてたんや。会長になってからも、連盟の幹部を連れてワシのところに
挨拶に何度もやってきたよ。山根の下におった奈良の選手とかは、家族ぐるみで
付き合い、白浜に旅行に連れて行ったこともあるわ。山根はワシの所有していた
クルーザーにも、招待したよ」
と森田元組長は続けた。

だが、山根会長に聞くと
「ワシはヤクザやない、組員と違うぞ。
もし書くなら、愚連隊と書け」
と声を荒げて
「舎弟、組員とか言っているそうやが、ももらってない。ワシは一匹狼
と続けた。

五輪競技のアマチュアボクシング。そのトップが暴力団関係者と密接な関係になると
なれば、問題だ。
「たまに、食事にいったりはしたが、ボクシングのことで世話になったことは
まったくない。向こうが勝手に言うとるだけや」
と山根会長いうが、
「付き合いは60年くらいかな」
ともいい、日本ボクシング連盟の要職を歴任していた時にも、関係があったことになる。

日本ボクシング連盟の関係者によれば
「山根会長は、暴力団関係者であったことを親しい人には隠さなかった。
『抗争で指揮した』とか平気でいうんですわ。
こんな時代やから、大丈夫かとハラハラでした」

森田元組長は言う。
「山根はワシが組を結成する前からの若い衆。などする必要がない。
山根はとあることで、数年前に、出入り禁止にした。けど、長く弟分やった。
今、山根は子のアマチュアボクシングの選手や指導者を泣かせている
高校生、大学生の選手はまさに子、指導者は大半が学校の先生、弱いもん泣かせとる。

だから、兄貴分として辞めろ、晩節汚すなと伝言したんや」

だが、山根会長は
ヤクザの脅しや。連盟の告発状を出しておる連中からも脅されておる。
こんな脅しで、山根明は辞めません!

対立は深まるばかりだ。より詳しくは、

ボクシングの山根会長が大反論120分「村田は生意気や。世界のわしがおったから金メダル獲れた」 (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)