まいど、いまにしです。

民進党の代表選で、参院議員の蓮舫氏が選出された。
国籍問題はあったが、予想通り、決選投票なく選ばれた。
そして、注目の幹事長に、野田佳彦元首相をすえるというあきれた人事。
蓮舫氏は、野田氏のグループ「花斉会」に所属。
今回、早々と野田氏は蓮舫氏を代表に担ぐと各方面に訴えており、推薦人を確保。
まさに「論功行賞」である。

安倍政権の「1強多弱」という、政治情勢に危機感も叫ばれる。
その立役者ともいえるのが、野田氏。
政権与党だった、2012年、まったく、準備が整わず、党内抗争ある中で、衆院解散、総選挙。
案の定、民主党は惨敗。多くの優秀な人材を失った。
メール問題事件では、永田寿康氏はその後自殺。
ひとえに、野田氏の責任は大きい。

野田氏は昨日の記者会見で
「火中の栗を拾う」
と言っていた。一緒に、いっぱいやっていた民進党の衆院議員は
「あんたに火中の栗を拾ってほしいって誰も思ってない」
と言い、これまでの総括を求められ、
「蓮の花の下で支える『蓮根』の気持ちで、徹底して支えたい」
の野田氏が、訴えたが
「新代表、民進党全員で支えなきゃいけない。
幹事長という役職でなくとも、
支えることは誰もができる。この人、頭の中、どうなっているのか」
と憤慨していた。

かつて、鳩山由紀夫氏が民主党の代表に選ばれ、側近の中野寛成氏を幹事長に
据えて、大炎上。辞任に追い込まれた。いっぱいやっていた民進党の議員は
「自民党に利するような、どうぞ選挙に勝ってくださいという人事。
野田氏のグループ以外は民進党から出ていけって意味じゃないの。
新党つくるしかないのかな」
と激怒。

今回、蓮舫氏を推したメンツも、さすがに野田氏の幹事長だけは止めたそうだ。
だが、聞かなかった、蓮舫氏。民進党の終わりへと、
舵を切っているように見えるのは、ワシだけやないはず。