まいど、いまにしです。

また、巨人で野球賭博が発覚。
今日、高木京介投手が記者会見を開き、自ら野球賭博を
やっていたと認めた。
巨人は、昨年も3人の選手が野球賭博にかかわていたことがわかり、
無期失格処分となった。
その時、NPBで調査委員会を設置。トップについたのが、
元東京地検特捜部の大鶴基成弁護士。
小沢一郎氏の陸山会事件、検察審査会による強制起訴の
「仕掛け人」と呼ばれた、大鶴氏。そのでたらめは後に明らかになる。
その詳細は、このブログでも書いた。

そんな人物が、どうして野球賭博の調査委員会のトップなのか?
あきれるばかりやった。
その結果、一度は調査が終わったはず。
昨年発覚の時点で、きちんと調査していれば、シーズン開幕直前で
こんなことにならかったはず。
それが週刊文春のスクープで教えてもらって、また調査。
NPB、新聞社がバックの巨人、ほんまかっこう悪いわ。
大鶴氏、ちゃんと調査してへんやんか!

ここでも、デタラメの大鶴氏。
東京地検特捜部、検察のいい加減さを象徴するような話。
大鶴氏へは、NPBから報酬が支払われたはず。
NPBの収益は、いわばプロ野球のファンからもたらされたもの。
なんで、そこから大鶴氏のデタラメに、カネを払わんとあかんねん。
そない思うのはワシだけやないはず。