まいど、いまにしです。

今週発売の週刊朝日でワシが書いた、
佐賀県武雄市のタブレット型端末の授業、やばそうって記事。
別の報道では、武雄市が一部について、否定したそうです。
それについて、たくさんの問い合わせ、疑問、質問、
きました、ちょうだいしました。
まだ、これからも記事をやりたいから、こまいことは言えんけど、
このサイトにあることを前提して、簡単に書きます。

ワシの書いているのは、週刊朝日です。記事にある
週間朝日って雑誌があるのかないのか、ようわからんですが、
週刊朝日やろうなという気がするので、その前提で書きます。
誰でも、ミスすることはあるやろうから。

5月28日、ワシは佐賀県武雄市の小学校であった、いわゆる
ITC教育、スマイル授業の公開授業に取材に行きました。
30人を超す、見学者がいました。
かなりの人が、タブレット型端末を使った授業
すごい
と期待して、きていたはずです。
タクシー、チャーターして駆け付けた方もいました。

3年生、4年生の授業がはじまった。けど、タブレット型端末、なかなか出てきません。
3年生の授業の最後の方で、やっと出てきたと思ったら、アンケートに答えてと
先生は言うてる。
ようやくタブレット型端末、児童の机の上におかれた。
けど、それがなかなかうまく起動しない、Wifiにつながらないのか、
フリーズしている児童がいる。
先生、支援員というサポート役(名札には業者名があった)は写真のように
1人の生徒に3人、4人がかかりっきり。
授業の最後、10分近くが、タブレット型端末の対応に追われていた。
image

タブレット型端末は普通に動いて、当たり前。それが動かない。
もう、その時点でアウト!
写真でわかるように、支援員と呼ばれる人、予備のタブレット型端末を2台
準備して、対応に追われていた。 

現場で取材したら、
「いつも、こんな感じです」という。
これ、年間に直したら、すごい時間のロス。
結局、子供たちが犠牲になってんやないのか?
週刊朝日でも書いたが、現場にいた武雄市の人に聞いたら、

image
「タブレット型端末、これ性能がよくない。
機種もダメだし、Wifi環境もダメ。
今日は公開授業で十分、整備してきたが、
やっぱりうまくいきませんね。まずそこから
やらないと。それに指導方法も…」
と明確に話していた。
武雄市の学校の責任者も、授業後の会見で、タブレット型端末の問題を
指摘され
「与えられたものでやるしかない」
とアカンことを認めていた。
実際、ワシもタブレット型端末を使わせてもらったが、途中でフリーズした。

前出の記事によれば、
導入当初は、授業をやりづらいという声が確かにあったが、
今ではだいぶ慣れてきている。
授業は1分でも無駄にしたらアカン
やりづらいなら、十分に研修して、万全を期してやるべき。
「当初、やりづらい」
という時点で準備不足、大失態、税金で授業やっているという意識にかける。
タブレット型端末で子供たちが教材にするという動画。なんか、めちゃめちゃ
かったるい、ねむたいと思ったら、パワーポイントで作り、それを並べて動画風に
見せる、なんちゃって動画だと聞いた。実際、現場にいた人に
「これ動画ですか?」
と聞いたら、
「いや、動画なんて言えません」
児童は
「ママのスマホがいい。これ、ダメやけん」
とはっきり言っていた。

記事によれば
「1年間を通してタブレットが使えず、今でもまったく使えないといったニュアンスで
書かれているが、それは事実とは異なる」
とある。
週刊朝日では、1年間ダメとの表現はないです。

タブレット型端末の初期不良、8%という。今も、フリーズして授業はストップ。
ワシ、それを現場で経験した。
うまく動かないというタブレット型端末。
誰が見ても、
ずっとアカン
そう見られてもしゃあないと思うのは、ワシだけやないはず。
タブレット型端末の原資は税金。
授業も税金やからね。
タブレット型端末、絶対アカンと言うてません。もっと有効に使える術はあるはず。
けど、タブレット型端末が不良、動かん、先生は使い方、
指導の仕方がようわからん、アプリ、ソフトもイマイチ。
子供、先生からも信頼性がないタブレット型端末。
「文句言いたいが、言えないんです。ここは、そういうところ、
怖くて詳しくは言えないですが、察知してください」
という先生がいた。
こないな、風通しの悪さ。 
最初から、そこらの問題をクリアしてやらんとアカン。税金使うねんから、当たり前のこと。
特定の人の手柄とか、目立つためとかでやる、その結果、子供が犠牲ではアカン。
授業は子供たちのためのものです。
これじゃ、税金の無駄やわね。