まいど、いまにしです。

明日から、衆院選がはじまる。
12月のあわただしいときに、解散、選挙。
日本のほとんどの人、中小企業で仕事している。
ワシも個人商店。
年末、どないやりくりして、年を越そうかと頭を悩ませる。
そんな時に、選挙で誰に入れようって、
考えている暇、あらへん。

多くの人、そない思うてるはず。

安倍首相、消費税を上げるのは、 来年10月やったのを2017年4月、
18か月延期するを表明。
そして、アベノミクスが正しいのか、アカンのか、それを問う選挙やという。

消費税を上げる、財源が足らへんからや。
そのくせ、選挙で630億円も使う。
その後の衆議院の事務作業とかも含めたら、もっとお金かかるやろうな。
お金ないのに、お金使う。めちゃむちゃ、矛盾や。
おまけに、裁判所で1票の格差、違憲やと言われながら、
0増5減程度で、選挙制度の根本的な改革はなし。
もし、630億円あったら、学校の耐震化、非正規労働者の雇用状況の改善とか
できそうなこと、山盛りある。
そして、国会議員の給料も月に30万円ほどUPしとるんや!
アベノミクス以前に、こんな時期に選挙やっとること、わけのわからんことに
無駄遣いしていること、それがアカン。
それわからんのか?

ワシは商売人の子供。
年末年始の休みがあるから、この時期にいつより
ようさん、稼がないとアカン。
週刊誌を中心に書いてきて、20年以上になる。
普段の2倍、3倍書いて、やっと年が越せる。
ほとんどの国民がそうやねん。

政治家は、国民の税金でメシ食っている
税金を払う国民が苦しみ、メシ食っている側の政治家は楽をする。
こんな、デタラメはホンマ、あらへん。
そない、ツッコみたくなるのは、ワシだけやないはず。