まいど、いまにしです。

先週末、大阪刑務所で開催された、関西矯正展に行ってきた。
矯正展は、全国各地でだいたい秋に開催される。
法務省には、矯正局というのがあって、そこが全国各地の刑務所、拘置所、
少年刑務所、いわゆる「矯正施設」を束ねている。矯正というもっともらしい名がついているが、
分かりやすく言うと「監獄」親玉みたいなもんかな?
普段は、ぜんぜん、愛想がないねん。けど、矯正展の時期だけは
急に「矯正」されたんか、えらい愛想がええというのも、不思議やね。
それと、なんで「矯正展」というネーミングなのか?
府中刑務所は「文化祭」やもんね。

大阪刑務所の関西矯正展は、検察庁もブースを出しているから、
のぞくようにしている。
2014-11-08-11-07-20
すると、写真のように、検察庁×クイズってのをやっとった。

正解すると写真右上のような、検察庁のシャーペンをくれるという。
「検察庁で働いている人も、いつもはおまわりさんのような制服を着ている?」
「検察庁のたてものにおふろがある?」
とか、ようわからん出題。
「大阪の検察庁のたてものは、つうてんかく(つうてんかく)よりも高い?」
って、出題もあった。
通天閣より高いのが、自慢なんかな?
ちなみに、検察ウラガネ告発の三井環氏は、通天閣より高い、上階で執務していた時期があった。
今、最上階は大阪高検の総務部や記者会見室。その下に、高検検事長が陣取っている。
2014-11-08-11-08-20

パソコンにもクイズがあって、
「検察庁は悪い人をこらしめるところなので、みんなピストルをもっている」
というのも、あったわ。
この質問、えらいおかしいわな。
まず、検察は悪くない人もこらしめている。
袴田事件、府川事件はじめ、検察がしっかりしていたら、何ら問題ない事件が
あちこち山盛りや。なんもやってへん、厚労省の村木さん、長いこと検察庁のデタラメに
よって、拘置所に閉じ込められた。

検察は、ピストルよりも強固な「起訴権」をほぼ独占。
実質的に、誰もチェックでけへん。
下手うっても、誰も責任取らへん。

よって、こう出題すべきだ。
「検察庁は悪い人もよい人もこらしめてきた」
答えはもちろん
マル

この日は、矯正局関係はもちろん、警察や消防もブースがあった。検察だけでなく、
矯正せなアカンやつばっかりやわと思うたわ。ブログを読んでいただいているひとは、よう わかっていただいているが、矯正せなアカンといえば、その代表が大阪府警やと、すべての国民はそれに異議なしやと、 ツッコみたくなったんはワシだけやないはず。