まいど、いまにしです。

2001年1月、BSE(狂牛病)に罹患した国産牛が発見され、パニックになった。
その際、政府が国産牛肉を買い取り、処分することになったんや。
この制度を悪用して、価格の安い輸入牛肉を国産牛肉と偽り、買い取り申請して、
現金を懐に入れるというする事例が山盛りやった。
食肉大手のハンナンなど、続々と立件された。

その突破口を開いたのが、2002年1月、兵庫県西宮市の
西宮冷蔵が内部告発した、雪印食品の偽装牛肉事件だった。

以来、ワシは内部告発した、水谷洋一社長をずっと追いかけた。
その奮闘ぶりは、
内部告発 権力者に弓を引いた三人の男たち(鹿砦社)
にまとめて、書いた通りや。

西宮冷蔵水谷社長

内部告発で注目された、西宮冷蔵。だが、会社は傾いていった
西宮冷蔵に荷物を預けると、インチキがばれてしまう。
そんな風評で、荷主は減っていき、2002年11月には、営業停止に
追い込まれた。
それでも、カンパをかき集めて、営業再開した西宮冷蔵。

だが、昨年から今年にかけて、西宮冷蔵から急に荷物が減っていった。
主力だった、中国野菜の業者とトラブルになったからや。
「ようするに、怪しいことやっていた。それで、大丈夫かって話をしたら、
急に荷物を引き上げる、よそに移すと、いいよるんで、そんな業者は
ええわ、そうなったんです」
と水谷社長は振り返る。

売上は急降下。
冷蔵庫はほとんど空になった。
従業員の給料、電気代、保険料などが払えん。
この間、水谷社長からは数知れんほど、相談を受けた。
なんとか、打開策はないか?
2004年に営業再開した時より、ずっと状況は厳しかった。
「一度、リセットするしかありませんわ」
水谷社長は、2週間ほど前、倒産やむなしと電話口で語った。

西宮冷蔵に最後の引導を渡そうとしているのが、関西電力
3か月、電気料金を滞納しており、
「今度、払ってくれなければ、電気止めますから」
と最後通牒してきたそうな。
「まあ、原発事故で業績がダメなんで、払わんヤツには
電気はやらん、止めるって感じでした」
と水谷社長は振り返る。
冷蔵庫屋で、電気がとまったら、もう終わり。

BSEの補助金対応は明らかな国の失政。
水谷社長のおかげで国は何十億円、何百億円の補助金不正を回復できた。
それが逆に恨みをかって、倒産寸前
ほんま、ええ加減にしろよって、思うんはワシだけやないはず。

今からでも、全然、大丈夫です。
西宮冷蔵に、ご支援ください<m(__)m>