まいど、いまにしです。

東京・三鷹の女子高生殺人事件。
 
ストーカー殺人という悲劇で結末してしまった。
女子高生の冥福を祈ると同時に、警察のどんくささ、アホンダラさを改めて、痛感したわ。
 
女子高生の相談を受けた、三鷹署は犯人の携帯電話に連絡した
という。だが、その携帯電話は以前、犯人が友人から借りて
いたもので、現在は手元になかったという。
3回もかけて応答がないなら、電話番号を確認することが
できなかったのか?
警察なら、緊急性があればすぐに調べられる。  
もし、連絡がついていれば、女子高生の自宅に潜んでいた
犯人に通じたかもしれへん。

犯行を防げた可能性は、十分ある。
 
愛知県警は、警官が勝手に警察の権限で携帯電話の
所有者を割り出し、外部に漏らし、カネをもらっていたという
事件を摘発しとった。
個人的な商売になるときは、職務権限で強制的に調べる。けど、カネにならんと、面倒やからなんもしないという、
警察の本性が垣間見える。

米田警察庁長官は
「尊い命を救えなかったのか。警視庁は真摯かつ謙虚に徹底した確認作業を行ってもらいたい」
と述べたそうよ。
けど、そんなフレーズはさんざん使われたこと。
大阪府警なんて、捜査ミスばっかりやって、そのたびに
「再発防止」っていうとる。けど、全然、防止でけへん。
それが現実。
この事件見たら、ようわかる。
女児14人へのわいせつ自供、大阪府警巡査長を懲戒免職
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131010-00000563-san-soci

警察は商売やと思うニュースは他にもあった。

効力ない「一時停止」標識、169人取り締まり 
http://t.asahi.com/cp6u
勝手に標識、70人取り締まり 兵庫県警、反則金返還へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131011-00000026-asahi-soci
無許可の「駐禁」で72件取り締まり 謝罪し反則金還付へ 兵庫県警
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131011-00000125-san-soci

兵庫県警のデタラメでは、反則金を返還するという。
返還の対象となる人は、しっかりと「金利」もつけてもらうように
交渉すべきよな。

勝手に、標識を立てて、取り締まって国民に罰金を払わせる。
罰金は、国に入るが、取り締まって切符を切った警官には、
手柄が入り、ひいてはノルマ達成、カネにつながる。
その給料も税金。 
カネのためには、法律すら無視、守らない。
標識を立てる費用は、もちろん税金。
法を守れってえらそうに言う側が、この体たらく。
まさに、無法地帯やわ。