まいど、いまにしです。



今年4月15日、NHKのクローズアップ現代では
警察や検察の可視化問題をテーマに放送される予定
やった。しかし、クリックすると、出てくるのは北朝鮮問題の放送やがな。
直前になって、放送内容が差し替えられたのだ。

この放送は、NHK大阪放送局で4月5日に
放送された「かんさい熱視線」の
「虚偽自白 取調室で何が」を再編集して放送される予定やった。
クローズアップ現代では、厚労省の村木のおばちゃんがゲストに
決まってたそうな。


それに、横やり入れたんが、NHK東京の記者たちやというから、
ホンマかいなとびっくり。なんでか聞いたら
「大阪での放送には、裁判で証拠に出された
可視化のDVDが使われた。これは、目的外使用で
アカンと文句をつけてきた」
と大阪の社会部系の記者の間では、すっかり有名な
話になっとる。 

その可視化のDVDは、大阪地裁で無罪判決が出たときの
もんよ。すでに、判決確定やから、確定記録。
問題あらへんがな。おまけに、放送では、声をかえたり
モザイクもかけとる。
どこのだれかわからへんって。 

「そうですねん。けど、東京の連中は検察に自ら駆け込み、大阪はむちゃくちゃやと
触れてまわったそうですわ。検察もすぐに反応して、
可視化のDVDを提供した弁護士を聴取しました

一時は、NHKで制作にかかわった関係者が逮捕やとか
ウワサもあったがな。
そこで、NHKの東京のヤツに聞いても
「大阪にも問題はあるが、検察担当とかの
ヤツらはそこまでして、検察に媚びるかと
笑われとります」 
今週の週刊ポストが、これに関しては詳しく書いているらしい。

NHKは自ら番組を潰して、検察にすり寄るんかいな?
最近になって、大阪が巻き返し、放送が実現する
という話になってきたが、ホンマに、情けない。
受信料、とる資格あらへんよな。


もっと詳しく知りたい人は、週刊ポストに加えて、
ワシのメルマガを読んでや。


まいど! 週刊! 今西憲之ジャーナル
http://www.mag2.com/m/0001439730.html