まいど、いまにしです。

先だっても書いた、鹿児島県南大隅町の放射性物質の処分場誘致問題。
森田町長が、誘致交渉のため政府と接触したり、フィクサーの要求に応じ、
委任状を書いていたことをスクープ。

ワシも週刊朝日で、前にリポートしているんやが、それは
以下のブログでも書いた。

暗躍するフィクサーに見た、原子力ムラの底知れぬヤミ http://www.imanishinoriyuki.jp/archives/26308309.html

News Log
http://news-log.jp/?p=8075

昨日、森田町長は鹿児島市で記者会見して、
「委任状は、無効であることを、確認した」
「委任状は、返送してもらうことにした」

などと述べたそうだ。
森田町長

























だが、ワシがフィクサーと3月に長いこと話したときは
「委任状は、だいぶ前のもの。どこにいったかな?
まだ、あるのかな?」
そない、言うとったがな。

 
TBSの報道で、委任状には、南大隅町の公印が押印してあった。
それも、放射性物質の処分場だけではなく、原発誘致の交渉まで
委任できる内容だ。

そんな大事なモノを「どこにいったか?」と言った、フィクサー。

森田町長は、フィクサーについて
「前町長からの引き継ぎで、いい人です。政治家はじめ顔も広い。だが、素性はよくわかない」
とワシに話した。

そんな人物に委任していいのか? あずけていいのか?

そう思う、土曜日やわ。