まいど、いまにしです。

2年前の今日、4月22日、福島第1原発事故で、
警戒区域が設定され、20km圏内に立ち入ることが
できなくなった日。


警戒区域となる、前日の4月21日。
ワシも、20km圏内にいた。
それまで、まったく人影がなかった、警戒区域。
それが、朝から、けっこうな数の車が
行き来する。

許可なく立ち入ると、罰金10万円。
「警戒区域の自宅に戻るだけで、犯罪者とされてしまうんや。
今日中になんとか、帰宅しておきたかった」
と出会った浪江町の住民はそう話し、
手には、亡くなった、両親の写真を握りしめていた。
だが、長く飼っていた、鳥や金魚は息絶えていた。
「事故がなければ、死ぬことはなかった」
とつらそうに、話していたのを、今も覚えている。

帰り際、浪江町役場の駐車場を見ると、
しだれ桜が実にきれいに咲いていた。
誰も、楽しんでもらえん、桜。
 浪江町桜a




















そのすぐ脇に、猫が横たわっていた。
あらゆるものの命を奪う、原発事故。

今、警戒区域は再編された。だが、町は死んだまま。
いつになれば、元通りに蘇るのかと、複雑に思う朝。