まいど、いまにしです。

こないだ、京都大学の小出裕章先生の研究室をお訪ねしました。

「もう、とんでもないほど、電話がありました。いままで、一度も
見たことがない漫画でした。だが、漫画としては、まっとうに書いてあるのに、
どうしてこんな騒ぎになるのでしょうか」
と小出先生が、あきれ顔で話すのは、漫画、美味しんぼで描かれた、
鼻血のシーンだ。

大騒ぎになったなった漫画。
実際、イチエフの爆発に遭遇して、鼻血が出るようになった
双葉町の井戸川前町長は、あちこちで言うてる。
ワシのラジオフォーラムでも、そうやった。
けど、これまでバッシングは今回にようには、なかった。
それが、美味しんぼになると、えらい騒ぎになる。

美味しんぼ、これまでも、福島のこと取材して、きちんと書いていた。
今回も、医者の鼻血と被ばく、関係性は疑問という意見もあり、両論が載っていた。
「原発爆発、飛散した放射能による人体の影響って、まだはっきりしない
わからないことがたくさんある。鼻血が出るという症状を訴える人が
いれば、国はそれについてきちんと調査すべき。それをせず、最初から
関係ないと決めつけるのは、危ない。漫画では関係あるかもと
しているだけですよ」
と小出先生。

美味しんぼの騒動。
多くのマスコミ、大臣とかに聞いては、
「鼻血と被ばくは関係ない」
と言わせて、そのまま流す。
鼻血と書かれていたら、まず福島に行って、取材するんが
マスコミの役割やないのか。
井戸川さんって、取材先まで書いてあるねん。
なんか、国にのっかって、関係あらへん、とんでもないっていうのんは、
ちょっと、おかしいんやないかなって思うんは、ワシだけやないはず。
おまけに、書いてあるのは、漫画やで、漫画

小出先生は、こないとも言うてましたわ。
「国の見立て、方針と違う意見はバッシング。
要するに、国と対立する意見は認めないということなのか。
日本に言論の自由、表現の自由はないのでしょうか」
「それより、何の罪もない住民をこれほど被ばくさせている
国、TEPCOの方がはるかにおかしい。私に言わせたら犯罪だ」