まいど、いまにしです。

 

双葉町の井戸川克隆町長が辞職の意向を示した。

町議会から不信任を出され、可決。

議会を解散し、町議選となったが無投票の

公算が高い。
 

「町議会のメンバーが同じで、再度不信任を

出されると可決するから、それなら辞めようと

いうことだったんでしょう」
って、知り合いの双葉町町議に聞いたら、
そない言うとった。 

 

井戸川町長、以下のように町のホームページで

思いをつづっている。

 

http://www.town.futaba.fukushima.jp/message/20130123.html/

 

これを読んでいて、議会とは意見があわずとも、町のため

一生懸命、されていた思いはようわかるわ。

 

<原発の誘致は町だけで出来ない、

県が大きく関わってはじめて可能となる。

私たちは全国の人たちから、「お前たちが原発を誘致して

おいて被害者面するな」という批判を受けている。

私たちはどこにいても本当の居場所がない今、

苦悩に負けそうになりながら必死に生きている。

子どもたち、高齢者、家計を支えなければならない

お父さん、お母さんたちの悲鳴を最初に菅総理に

訴えた。変わらなかった。そのために私は野田総理に

国民としての待遇を訴えたのです。>

 

けど、菅、野田って人には、なんぼいうても、のれんに腕押し

って感じやったんやろうな。

相手が悪すぎたわ。

 

<県にも窮状を訴えています。最近も質問をしました。

回答は具体的な内容ではなく失望しました。

知事は福島の復興のために双葉町に中間貯蔵施設を造れと

言うので、双葉町の復興はどうするのですか、と聞くと

答えてくれません。そこで、踏み込んで私に町をくださいと

言いましたがやはり答えませんでした。

これでは話し合いになりません>

 

ほんま、井戸川町長、いたたまれんかったやろうな。

 

双葉町には、東京電力の社員が町議になって

税金で給料もらい、メシ食っている。

 

東電社員の2現職町議、再選…大熊・双葉町 20111121()810分配信 読売新聞

 

東京電力福島第一原発がある大熊、双葉両町議選には東電社員の現職が1人ずつ
立候補しており、いずれも再選された。

大熊町議選(定数14)で当選した加藤良一氏(54)は3番目の得票数だった。
双葉町議選(同8)では高萩文孝氏(45)が4番目で当選。読売新聞の取材に対し
「いただいた票を重く受け止め、頑張りたい。原発事故の収束にも全力を尽くしたいし、
賠償問題についても、仲立ちするような形で住民の支援ができれば」と話した。

 

上記の記事によれば、賠償問題で仲立ちっていうとる。
 

TEPCO社員なんで、自社を有利にするように町民を

誘導するんは、目に見えとるがな。

 

何ら罪のない人の故郷を奪っておいて、のうのうと

税金でメシくって、フトコロぽっかぽか、恥ずかしいことないんか?
 

まず、辞めるんは、井戸川町長やなくて、高萩っていう

TEPCO社員の町議やないのか、こらぁ!