まいど、いまにしです。

山口組の分裂余波で、内紛が続く京都の名門、指定暴力団会津小鉄会。
それは、ブログより詳細にはメルマガでも書いている。
今日、襲名披露が執り行われ、7代目の当代を金子利典組長が襲名。
6代目の馬場氏は総裁についた。

image

襲名披露は、京都市左京区のいろは会で行われ、事務所周辺は京都府警の
機動隊で封鎖された。朝8時過ぎ、取持人を務める酒梅組の吉村組長が入った。
image
だが、それ以外に目立った出入りはなく、後見人ではとも噂された神戸山口組幹部が
6代目山口組の関係者の姿もなかった。
継承式は午前9時ごろから行われた模様だ。
「金子会長を含めて、舎弟が2人で、総勢で20人です」
(会津小鉄会関係者)
一方、すでにお伝えした、分裂した原田若頭側は近く襲名披露を
行う見込みで
「来月はじめになりそうだ。どうも、六代目山口組の竹内若頭補佐が
後見とも伝えられている」